1月26日(土)の夜、岡崎少年自然の家にて、今年度最後のネイチャーウォッチングを実施しました。今回は、15家族46名の皆さんのご参加があり、講師の藤井哲也先生から星について学びました。この日の夜に見える星座や、今年見られる部分日食のこと、彗星やオーロラの話など、興味深い天文現象についても聞くことができました。
続いて、星空観察を行う場所へ移動し、夜空を見上げました。オリオン座のベテルギウスとリゲル、おうし座のアルデバラン、ぎょしゃ座のカペラと、一等星がよく見えました。天体観測所の屋上では、望遠鏡でオリオン大星雲やすばるも見えました。
今回、親子で天体望遠鏡を使う体験も取り入れました。自分で望遠鏡を操作してみることで、望遠鏡の仕組みや動かし方が何となく分かってきます。そして、自分の力で導入した星を見た感動は大きく、星がしだいに動いていくことも実感できました。

≪参加者の感想≫
☆もともと星には興味があったけど、もっと興味がもてました。藤井先生の説明もわかりやすかったです。【子】
☆きれいに星が見えて良い体験になりました。きかいがあればまた望遠鏡をつかい星を見てみたいです。きちょうな体験ありがとうございました。【子】
☆天体観測を自分でレンズで見られるようにしていいよ、というのは初めてだったので、すごく喜んでいました。自らアンケートを書くほどでした。ネイチャーウォッチングは、体験と説明・解説のバランスが素晴らしいと改めて思いました。寒い中本当にありがとうございました!【保護者】
☆親子で星を見て、星についての話をする機会がなかったので、とてもよい体験になりました。今後も空を見て観察してみたいです。【保護者】

平成31年度のネイチャーウォッチングの詳細につきましては、4月に三河地区の小学校に配付されるチラシ、またはホームページをご覧ください。