12月1日(土)、第4回ネイチャーウォッチングを開催しました。今回のテーマは、「化石を発見しよう」です。好天に恵まれ、豊橋市野外教育センター前の伊古部海岸に集まった親子は18組58名。講師の六ツ美西部小学校教頭、田島広嗣先生(日本化石学会会員)の指導のもと、化石が教えてくれる「ひみつ」について学びました。
調べる岩石は、崖の下から砂浜へ学生ボランティアのみなさんが運んでくれました。子どもたちは、岩の特徴や割れ目を考えて、慎重にハンマーやタガネを使います。小さな貝の化石や木の葉の化石がみつかりました。採取した化石を目の前に、この土地の大昔の姿を想像し、自然環境の変化に関心を高めました。