令和3年度版刊行物の編集方針

Ⅰ 編集方針

  1. 三河の自然や歴史・文化を生かした題材を取り入れた刊行物とする。
  2. 三河の児童生徒に、豊かな心、健やかな体を育む一助となる刊行物とする。
  3. 三河の各郡市から選出された編集委員の英知を集め、児童生徒の実態を生かした刊行物とする。
  4. 教科書に準拠し、基礎的・基本的な知識及び技能を習得できるとともに、活用力・応用力の向上に資する刊行物とする。
  5. 主体的に学習できるとともに、学習習慣を確立できる刊行物とする。
  6. 学習類・演習類は、観点別学習状況の評価ができるように、学習内容のバランスを考慮する。
  7. 入念な校正を行い、誤りのない刊行物とする。
  8. 中学校版は新学習指導要領の趣旨を踏まえた大改訂を行う。小学校版は小改訂(修正・資料の差し替えなど)を基本とする。

Ⅱ 編集計画

1 年間の流れ
(1) 刊行物グループ
Aグループ 中学校版(下記刊行物)※9月以降本格編集開始、12月末(冬休み前)校了

演習類(国語、社会、数学、理科、英語)、ことばのきまり、表現の友、
チャレンジ地理、つくる生活技術、数学の友、保健体育ノート


B
グループ 中学校版(下記刊行物)、小学校版(全刊行物)※例年通りの編集期間、11月末校了

中学生の読書、中学生の学級活動、中学生の安全、高校入試問題集、かきぞめ手本


(2) 令和3年度版刊行物の編集計画

2.令和3年度版編集計画(案)のサムネイル