愛知教育文化振興会ウェブサイト — 愛知・三河の小学校・中学校等向けの刊行物の発行および教育振興事業を行っています。

平成30年度教育図書出版助成応募要項

平成30年度 教育図書出版助成応募要項

公益財団法人愛知教育文化振興会

1 趣旨
  教育図書の出版に対して助成を行うとともに、その内容についての広報を行い、教育文化の振興を図り、児童・生徒の健やかな成長に寄
与する。

2 応募対象
 (1)対象者
    三河の小・中学校教員及び教員であった個人、又はこれらの方々を代表者とするグループを対象とする。
 (2)対象分野
    学校教育、教育関係団体や保護者に関わる教育図書を対象とする。
 (3)対象期間
    申請をした日から遡って、2年以内に出版した図書とする。
 (4)対象の必須条件
    経費の多くを公費等の援助を受けずに出版し、副教材または授業改善に資するものを対象とする。
ただし、次のものは対象外とする。
①退職を記念した出版物、毎年度出版される研究紀要、学校記念誌、個人的印刷物等
②改訂刊行物、定期刊行物
③教育委員会等公的機関が刊行したもの
④児童・生徒の作品が主となるもの
⑤正式の印刷によらないもの
⑥頒布範囲が郡市内の一地区に限られるもの

3 応募方法
 (1)交付申請書等の提出
    助成を受けようとする者は、平成30年6月1日(金)から平成30年12月7日(金)までに本法人規定の「教育図書出版助成交付申請書」お
よび本法人の求める資料ならびに対象刊行物2冊を本法人理事長あて提出する。
なお、申請にあたっては、当該年度に個人および一団体につき1点を原則とする。
 (2)交付申請書の様式
    別添の様式5(出版の意図、内容の概要、執筆者、頒布の範囲と部数、経費の概算と財源等)を用いる。
 (3)交付申請書等の提出先
    公益財団法人 愛知教育文化振興会(編集担当)

4 審査方法
  有識者・教員等で構成する審査委員会を設置し、助成対象者や助成額を決定する。審査にあたっては、発展性、創造性、地域性、活用
性、公益性、頒布域の広域性および発行部数、交付申請書の具体性等を考慮する。

5 助成費の交付
  教育図書出版助成交付式を実施し、予算の範囲内で助成費を交付する。

6 結果の公表
  助成した教育図書の著者名を本法人の教育情報誌「教育と文化」他に掲載し、三河の教員等に周知する。また、研究の成果物を本法人に5
年間保管するとともに、教員等の閲覧に供する。

PAGETOP
Copyright © 公益財団法人 愛知教育文化振興会 All Rights Reserved.